j.okawa サブブログ

j.okawa(http://jun-okawa.com)のサブブログ。 過去ブログのアーカイブも兼ねています。

ハリウッドでリメイクしてみて欲しい「日本むかしばなし」 ブログネタ:ハリウッドでリメイクしてみて欲しい「日本むかしばなし」 参加中
本文はここから

気になるのは「浦島太郎」です。

まず、浦島太郎がいじめられている亀をどのようにして助けるのか
浦島太郎は漁師ですから、侍のように「安心せい、峰打ちじゃ」とも言えませんし、まさか亀をいじめる子どもを釣竿で釣っちゃうとか?

そして、亀に連れて行かれた竜宮城のシーンでの出演者のギャラが予算の何分の1かも気になります
ハリウッド作品であれば、ちょっとした役でも有名どころを使ってきそうですし、何と言っても乙姫は誰が演じるのか…。
そしてそこには、浦島太郎と乙姫の危険なロマンス…。

あとは、竜宮城の「絵にも描けない美しさ」をどのようにCGで描くんでしょうね。

クライマックスは浦島太郎が浜に戻ってから玉手箱を開けるシーンですが、CGによる煙と浦島太郎が老人になってしまう特殊メイクに目が離せなくなりそうです

…と、想像してみましたが、浦島太郎って割と東洋的な考え方な気がするので、ハリウッドで実写化すると変な感じになってしまうかもしれませんね。

ではでは。

先日、スタンダード・カクテルで何か好みのものを発掘したいなぁ…ということで某バーテンダーさんに普段飲むカクテルの傾向から作って頂きました。
今回は、そのカクテルをご紹介したいと思います。

カクテル名は「コペンハーゲン」。
アクアヴィット、クレム・ド・マンダリン、ライムジュースをシェイクして作る、甘口のカクテルです。

コクがある、という表現が良いんでしょうか。美味しいカクテルです。

アクアビットはジャガイモを主原料とした蒸留酒なんですが、これは「ウィスキー」と同様「命の水」を意味するものみたいですね。

ちなみにこのカクテル、「スタンダードなんだけど、あまりオーダーが入らないもの…」というリクエストも満たして頂いてます(笑)。
ブロンクス・テラス、ボヘミアン・ドリーム、ワード・エイト、とスタンダードだけど目立たない存在のものばかり好きになっている気がするけど、大丈夫か、ボク…(笑)。

あ、ちなみに、このカクテル名、デンマークの首都・コペンハーゲンを名前に冠したシティ・カクテルなんですが、日本にも「ヨコハマ」と横浜を名前に冠したカクテルがありますよ

ではでは。

涙とあくびと笑顔、もらうのが多いのは? ブログネタ:涙とあくびと笑顔、もらうのが多いのは? 参加中
本文はここから

もらうことが多いのは、笑顔ですかね~。

割と繊細で涙もろいので、涙はもらい泣きする前に自分が泣いてるでしょうし(ええいああ!)、あくびはあまりもらったことないので…。

やっぱり人の笑顔(ニヤニヤ・ニタニタじゃなくてニコニコ!)って元気を貰えますし、何となくつられて自分も笑っちゃったり。

電車の中で泣いてる子どもを見ると、保護者の方の死角から変顔をして子どもを笑わせることがあるんですが(変な趣味)、そうやって笑ってくれた子の笑顔を見ると、こちらまで笑顔になれます。

「喜ぶ顔が見たい、ただそれだけの思いが目の前の人を笑顔にさせる」
と、以前とある方が仰っていましたが、そうして目の前の人が笑顔になることで、自分も笑顔になれる、そう思います。

…あ、ただ最初に書いた通り、泣くときはボクが最初に泣くと思うので、もらい泣きして下さいね(ええいああ!)。

ではでは。

震災の影響もあって1週間遅れとなりましたが、4/1にドラマ「バーテンダー」が最終回を迎えました。

よく知っているバーで、ふざけて「お前のカクテルは完璧とは程遠い」「お前のマティーニには顔が無い」と言ってからかったりしたのが懐かしいです(苦笑)。

最終回でX・Y・Zカクテルを出す時のセリフ…

X・Y・Zというカクテルです。
ご存知の通り、アルファベットの最後の三文字です。
これ以上無い、究極のカクテルという意味で名付けられたそうです。
でも、僕は思います。
X・Y・Zは終わりなんかじゃない。
終わりがあるから、人はまた新しい気持ちで前を向ける。
だから、終わりは始まりなんです。
深い悲しみに暮れる人に、かけてあげられる言葉はありません。
本当の悲しみの前で、同情の言葉はあまりにも無力です。

でも、グラスは語ります。
あなたの苦しみは知っている。あなたの孤独は分かっている。
あなたは決して一人なんかじゃない。積み重ねてきた思い出を胸に、あなたは必ず前を向ける

その始まりのグラス、X・Y・Zです。

(セリフより引用)

ドラマと現実は必ずしも結びつくものではありませんが、やっぱりこういう時期だけに結び付けてしまいます。

深い悲しみに暮れる人に、かけてあげられる言葉はありません。
被災地の方々に「終わりは始まりなんです」なんて言ったところで、「そんなこと言われても」という感じでしょう

でも、被災地以外で被害の小さかったところ、全く無かったところの人たちは違います。
3.11を境に、新しい価値観や、本当に新しい色々なものが生まれてくる(きている)でしょう。

そんな中で、そういった前を向ける人は前を向いて頑張っていかなきゃいけないですよね。
そして、復興に向けて長期的な目で見て皆で力を出し合っていかなければならないんです。

CMの買い占めをやめましょうというメッセージ「それって本当に必要なものですか?」じゃないですが、「それって本当に必要な自粛ですか?」と問い直しましょう
そして、自分のやるべき仕事をやっていきましょう

書き殴るようにして書いたので、整合性が取れた文章になっているかどうか、ボクが本当に伝えたかったことが書けているかどうか、不安な部分はありますがそのまま公開しました

ではでは。

今回は、前回の記事を受けてボク自身がやることの宣言です。
誰かに宣言しないとできない意志薄弱な人間なので(笑)。

ちなみに、次の記事からは、(たまに地震関連のことも書くかもしれませんが)以前と同じような形に戻そうと思います。

1. 節電

これは前回の記事で書いたことそのままですね。
今も使わない機器のプラグを抜いたり、小さな節電かもしれませんが、塵が積もって山となることを信じて着実に節電は続けてます

これは今回のことに限らず大切なことだと思うので、しっかり続けていきます。

2. 募金する

とりあえず少額ですが募金しました。
あとはしっかり働いて追加して募金します。

3. 日常に戻る

節電含め、地震前と全く同じという訳にはいきませんし(むしろその時考えたことというのも結構大事だったりすると思いますが)、まずは日常に戻ってしっかり仕事をして、しっかり飲んで[E:pout]というところから始めたいな、と。
働かないと募金どころじゃなく、自分の生活も危ないですからね(苦笑)。

今のボクが働くことによって経済に与える影響なんて微々たるものかもしれませんが、その微々たるものの集まりによって経済が成り立っているはずなので。

4. 感謝を伝える

前回の記事の「声を出す」に当たるものですが、これは大事にしていきたいな、と。

やっぱり忙しかったり、心に余裕がないと、なかなか感謝が伝えられなかったりするんですが、ちゃんと伝えていきたいと強く感じるようになりました。
まずは「ありがとう」を相手にちゃんと伝えることから始めます。

ではでは。

色々不安なニュースは耳に入りますが、ボクたちはボクたちで自分にできることをやるしかありません
ネットで見たり自分で考えたりして、まずはこれなら出来るかな、というのを幾つか挙げてみました。

1. 節電

まずは現在呼びかけられている節電
関東地方・東北地方で、被害が軽いないしほとんどない地域の方は、節電を心がけましょう!

部屋の中でも厚着をしてエアコンの電源を切る(または設定温度を控えめにする)、待機電力とならないようプラグを抜く、など1人1人の影響力は小さくても、皆で実践すれば塵も積もればでそれなりの量の節電になるはずです

2. 買いだめし過ぎない

買いだめし過ぎると、必要な方に必要なものが行き渡らなくなってしまいます
ある程度の買いだめは仕方ないですが、やり過ぎるのは控えないと、と思います。

3. 募金する

色々なところで書かれていますが、現段階で個人がモノを送っても有効どころか邪魔になってしまうことさえあります。
一般人のボクたちは、まずは信頼できる機関に募金することから始めた方が、被災地の方々には有効に働くと思います

具体的な「モノ」は、公的機関などから求められた時に送るのが良いかと思います。

4. 声を出す

これはこのタイミングで書くかどうか悩んだのですが…。
今は関東のほとんど被害がなかった地域でも食料品が少なかったりするんですよ。
でも、そういう中頑張ってお店を開けてくれているところもある訳で。

もちろん、こういう時じゃなくても大事なことなんですが、食べ物屋さんだったら「ごちそうさま」とか、それ以外のお店屋さんでも「ありがとうございます」とか、ちゃんと声に出して伝えたいな、と。
別にそれを声に出して伝えたところで誰の損にもなりませんし、あるとしたら得だけのはずです。

会釈するだけじゃなく、ちゃんと声に出して伝える。
最後にそれを挙げたいと思います。

まずは、しっかりと実践していかないと!

ではでは。

東京電力の発表で、計画停電(輪番停電)が行われることが決定しましたね。
不確かな情報を流すのを避けるため、グループ分けや時間帯、計画停電時及びその後の復旧時の注意事項についての詳細を書くことはしませんので、最新情報をご確認ください。

それにしても、節電の呼びかけがあったりしましたが、ここに至ったという感じですね。
まぁどちらにせよ夏場にはエアコン需要で電気が足りなくなると思ってましたが…。

何はともあれ、ボクたちはボクたちに出来る最大限のことをしていくしかありませんよね

小さな待機電力だって積み重ねればそれなりの大きさになるでしょうし、東京周辺のこれからの気候なら肌寒ければ部屋の中でも着込む、暑いなら窓を開けて風を通したり薄着になったりすることでエアコンの電源を入れない(入れても温度設定をかなり控えめにする)ことが可能になると思います。

塵も積もれば…!

家の方は既にプラグを抜いたり電源を入れないようにしているので、明日会社に行ったら、無駄な電気を使っている部分が無いかチェックしてみたいと思います。

関東にお住まいの皆さま、企業の皆さま、協力して節電を行っていきましょう!

ではでは。

昨日発生した東北地方太平洋沖地震はマグニチュード8.8と国内観測史上最大の規模ということで、かなりの被害をもたらしていますね。
相当な件数で余震が続いていますし、翌日(きょう)未明には最初の大地震に誘発されたのか新潟県中越地方や長野県北部でも大型地震が連続で発生していて、なかなか安心できない状況です。
原発事故や、電力の需給逼迫による輪番停電等も心配ですね。

※ 2011/03/13 16:30追記
マグニチュードが8.8から9.0に修正されました。

まずは、今回の地震・津波、あるいはそれに伴う事故等で犠牲となられた方々に心からお悔やみを申し上げますとともに、被災者・負傷者の方々には心からお見舞い申し上げます

ボクの方は、上司と客先移動中に地震に遭いました。
揺れる前に緊急停車したのですが、地下だったためか、あまり揺れを感じませんでした。
ただ、あまりに揺れている時間が長かったため、大きな地震だったのでは、ということで携帯電話からTwitterを見たところ、大地震ということを知って驚きました。

幸い、次の駅までは最徐行運転で動いてくれたため、外に出ることが出来ました。
その途中、駅では下水管が敗れたのか水浸しになっていたり、外に出たら道の真ん中に立っている人がたくさんいたりと、ただ事じゃないな、ということの実感が湧いてきました。

その後ずっと電車が全線運転見合わせの状態だったので移動できず、8時間後にようやく会社まで戻ることが出来ました。
(上司は家まで電車が動いたので、帰宅しました)
会社に戻ったら、人事部長がみんなのために食事を用意してくれていて、本当にありがたかったです。

朝になるのを待って、再度食事を摂った上で家に戻ってきました。
家の方も、地域的に被害が少ないところだったので、棚の上のものが落ちていたり、一瞬高電圧がかかったのか電球が切れてしまったくらいでした。

ボクの方の状況報告はこの位にして、やはり被災地の方々が心配です。

まずは一刻も早くライフライン・衣食住が復旧して、そして一緒にライブで大きい声出したり、お酒でも飲みながら一緒に話をしたり出来る日が来ることを祈っております。
また原発等のことで風評被害がないことを祈っております。

そして、長いスパンで見て被災地の支援ができるよう日本みんなで頑張っていきたいですね
ボクも自分に何が出来るのか真剣に考えます。

最後に…安否情報の確認には、災害用伝言ダイヤル、災害用伝言板、Google Person Finder等をご活用されると良いかと思います。
Twitterで拡散されている方もいらっしゃいますが、上記と比べてどこまでの効果があるかは、ボクにも分からないです。

ではでは。

身長、何センチ? ブログネタ:身長、何センチ? 参加中
本文はここから

正確な身長が分からなくて、いつも「175くらい」と適当に答えてるんですが(苦笑)、直近の健康診断の結果によると176cmあるらしいです。
3年分の履歴が横に乗ってるんですが、毎年2~3mmずつ伸びてている模様で、まだ成長期なのかもしれません。

「このテーマ選ぶなんてどれだけ書くことないんだ!」と思われるかもしれませんね。
ホントに書くことありませんでした(笑・笑)。

まぁ冗談はさておき、ボクの場合、身長がどのくらいが良かったというのは無いんですが、今の身長より大きかったり小さかったりしたら、世界がどんなふうに見えるんだろう、という興味はあります。
小さい方向で言えば、子供の頃から今までで体験してきたはずですが、やっぱり実感が無くなってますから、ね。

あとは子供の頃からでいうと、上京という割と大きい環境変化があったりするので、今より低い身長で見た東京がどんな感じなのか見ることが出来たら面白いだろうなぁと思いました。

ではでは。